2019-08

UiPath

【UiPath】バッチファイルの作り方

作成したXAMLファイルは、起動しUiPathの画面に入り実行しないと動作しません。UiPathはバッチファイルを作成することで、UiPathの起動から実行までがワンクリックで可能となります。 まずは、バッチファイルの器を作成します...
2019.09.15
RPA

【UiPath】Ver.2019.7.0のVer.2018.4.1からの変更点

Community Editionのバージョンが上がりました。気付いた変化点です。 メッセージボックスの接続 一部のアクティビティで、アクティビティ横に接続される矢印に隙間が空くようになりました。 隙間が空くのは意図があっての...
2019.09.04
RPA

【UiPath】Lesson5 / エクセルシートを読み取る

次はエクセルシート内き入力された文字列を読み取ります。応用が利く部分ですのでマスターしてください。今回のお題は次の通りです。 エクセル内に記載の内容を1行目から順にメッセージボックスに表示させてください。 事前にエクセルシートを作...
RPA

【UiPath】続・複数分岐をつかう

1つのアクティビティ接続で可能な分岐数は以下の通りです。 アクティビティ「フロー条件分岐」を使う方法 条件に対してTrueとFalseの2分岐になります。 アクティビティ「フロースイッチ」を使う方法 Def...
RPA

【UiPath】Windows標準機能を使って自動実行する

UiPathの処理を自動で行う場合。動作が十分に確認でき、エラー時のフォローができる完成されたものでご使用ください。動作やデバッグが不十分なものは思わる損失に繋がる恐れがあります。また、暴走時には対処できるよう、有人(動作を監視できる状態)...
RPA

【UiPath】Lesson4 / ダウンロードの処理

ダウンロードの操作 ネット上から情報をダウンロードする場合、ブラウザの種類でかわります。個人的にはIEの通知バーで別名保存する場合の処理が難しいと感じています。 実行保存名前をつけて保存保存して実行IE画面下通知バー画...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました