UiPath基礎知識

UiPath

【UiPath】バッチファイルの作り方

作成したXAMLファイルは、起動しUiPathの画面に入り実行しないと動作しません。UiPathはバッチファイルを作成することで、UiPathの起動から実行までがワンクリックで可能となります。 まずは、バッチファイルの器を作成します...
2019.09.15
RPA

【UiPath】年月日を取得する

データのフィルタなど、年月日を使うことがあります。UiPathではVB.NET関数をサポートしており、種々の書式での出力が可能です。 UiPathはシステムが持っている変数を使えます。日時に関わるものはDateTimeに属します。 ...
2019.09.14
RPA

【UiPath】Windows標準機能を使って自動実行する

UiPathの処理を自動で行う場合。動作が十分に確認でき、エラー時のフォローができる完成されたものでご使用ください。動作やデバッグが不十分なものは思わる損失に繋がる恐れがあります。また、暴走時には対処できるよう、有人(動作を監視できる状態)...
RPA

【UiPath】メッセージボックスの種類

UiPathの中で使う機会の多いメッセージボックスに関して、すべての種類を紹介します。メッセージボックスの種類は4種類あり、プロパティ内のプルダウンメニューから選択できます。それぞれ、使いかたの参考例も記載しておきます。 O...
2019.06.02
RPA

【UiPath】実行する際の禁止事項

便利なUiPathですが、実行時には次に注意をしないといけません。 実行中は入力機器へのタッチ禁止 すでに経験のある方も多いと思いますが、UiPath実行中はキーボードやマウスの操作(マウスの場合は軽い接触も含めて)は厳禁です...
2019.06.01
RPA

【UiPath】レコーディングでのワークフロー構築は避ける

UiPathにはレコーディングという、EXCELのマクロ記録機能に似たコマンドがあります。 これは、レコーディング開始から実際の操作を行うことで、ワークフローデザインが自動的に行われるというものです。初心者に使いやすい機能の...
2019.05.27
RPA

【UiPath】画面構成

UiPathの画面は、以下の5つの部分で構成されています。 ❶の構成 「スタートリボン」「デザインリボン」「実行リボン」の3つのリボンで構成されています。ワークフローデザインの工程で大分割されています。 スタート...
2019.05.27
RPA

【UiPath】ブラックボックス化の防止

業務の手順は不変ではありません。都度修正が必要になります。ワークフローは言語によるプログラムに比して解読しやすいです。しかし、他人の作ったワークフローは理解しにくいのは事実です。工夫することで、修正時の負荷を大きく減じることができます。 ワ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました