【UiPath】アクティビティのシーケンスへの移動

RPA
スポンサーリンク

たとえば以下の[削除]アクティビティの様に同じ処理が繋がった場合に、ひとまとめにしたいですよね。

次の様に[シーケンス]アクティビティを設けて、[削除]アクティビティをまとめてみましょう。

スポンサーリンク

方法1:ドラッグによる移動の方法

[削除]アクティビティを[シーケンス]アクティブティにドラッグするのですが、少しコツがいります。
下のように移動したいアクティビティをドラッグして[シーケンス]アクティビティの上にドラッグします。ここで、すぐにドロップするとうまくいきません。画面が切り替わるまでワンテンポ待ってください。このワンテンポが待てずにうまくいかない人が多いです。

次の画面に切り替わる(一つ階層が下がります)ので、⊕ の位置でドロップします。

次のようになって移動が完了します

注意点

順序が重要なアクティビティの移動は、1個ずつ実施してください。
まとめて複数個を実施できますが、次の様な操作を実施すると

次の様になります。おわかりでしょうか?
削除1→削除2→削除3→削除4→削除5 だったものが
削除5→削除4→削除3→削除2→削除1 に変わっています。
実は、後で作ったアクティビティが最も先頭に来て、順に古いアクティビティなるよう勝手に並び変わります
これが、バグなのか仕様なのか詳細はわかりませんがVer.2020.10.2の段階でもこの現象が発生します。

方法2:カット&ペーストによる方法

移動対象となるアクティビティを選択(水色になります)して、右クリックで出現するメニューから[切り取り]を選択 もしくは CTRLキー+Xキーを押します。

[シーケンス]アクティビティをダブルクリックして中に入り、右クリックで出現するメニューから[貼り付け]を選択 もしくは CTRLキー+Vキーを押します。

結果は、方法1と同じになります。
また、方法1の注意点で述べた複数アクティビティ移動時の順序の入れ替わりは、方法2でも同様に発生しますのでご注意ください。

ひとまとめにできたら

整列し、接続を確認して完了となります。

以上でこの記事をおわります。

RPA UiPath UiPath基本操作 未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
SATORINをフォローする
スポンサーリンク
みっどないとぱーぷる

コメント

タイトルとURLをコピーしました