【UiPath】ユーザ入力をブロック(Block User Input)の使い方

RPA
スポンサーリンク

別に記載のとおり、UiPath実行中に入力機器を操作することは禁止事項です。
理由は別途説明済です。

では、入力をブロックしてしまえばということですが、次のアクティビティが存在します。

マウスオンで表示されるこのアクティビティの説明文は

デザイナーパネルに配置すると次の様になります。
❶には実行中に入力ブロックをしたいアクティビティを入れます。
❷にはブロック解除行う際のキー操作を入力します。デフォルトでは[Alt]キー+[f10]キーとなっています。
❸にはブロックする対象を示しています。キーボードだけなのか、マウスだけなのか、全てかを選びます。

それを解消するのが、[ユーザ入力をブロック(Block Usei Input)]のアクティビティです。

このアクティビティに収納するとクリック操作が非常に安定する気がします。

しかし問題もあります。

とにかくデバッグをしにくくなるので、動作に問題がないことを確認してから最終段階で実施してください。

また、下の様なアクティビティ配置はお解りかと思いますが、おやめください。
入力ダイアログで求められる入力ができなくなります。

なお、注意事項として下記

  • 解除キーを忘れている場合は
    必ず解除キーを確認しいてから実行してください。

RPA UiPath UiPath基本操作
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
SATORINをフォローする
スポンサーリンク
みっどないとぱーぷる

コメント

タイトルとURLをコピーしました