【UiPath】続・複数分岐をつかう

RPA
スポンサーリンク

1つのアクティビティ接続で可能な分岐数は以下の通りです。

スポンサーリンク

アクティビティ「フロー条件分岐」を使う方法

条件に対してTrueとFalseの2分岐になります。

アクティビティ「フロースイッチ」を使う方法

Defaultを含めて11分岐(場合分け)ができます。

アクティビティ「スイッチ」を使う方法

上限のない(システム的には有限であるかもしれないが)分岐ができます。

RPA UiPath UiPath基本操作
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
SATORINをフォローする
スポンサーリンク
みっどないとぱーぷる

コメント

タイトルとURLをコピーしました